ホームページを作る為に欠かせないドメイン取得って何?

そもそもドメインって一体なに?

ホームページを作るために必要なものの一つが「ドメイン」です。普段の生活ではあまり聞かない単語ですよね。ドメインとは、ホームページのURL「http://**.com」の「**.com」の部分のことです。例えるなら、インターネット上の住所のようなものということになります。現実世界の住所が一つとして同じものがないように、インターネット上の住所であるドメインも、世界に一つしか存在しないものです。ただし、「**.com」と「**.net」は違うドメインとみなされます。
「**」の部分は、好きな文字列を指定して取得することができます。ただし、ドメインの取得は早い者勝ちなので、他の誰かがすでに取得している場合は取得することができません。
作成したホームページの住所であり、ホームページに訪れた人の多くが目にする部分なので、ホームページの内容に即したドメイン名を取得するのが一般的です。

どうやってドメインを取得するの?

世界中のドメインは「レジストリ」と呼ばれる機関が管理しています。つまり、まだレジストリに登録されていないドメインを、レジストリに「このドメインは私のものです」と登録すればドメインが取得できたということになります。そのレジストリへの登録作業を仲介してくれるのが「レジストラ」と呼ばれる業者です。
私たちはこのレジストラを通して、希望のドメインを取得することができます。ドメイン取得は早い者勝ちなので、気に入ったドメインがあったら早めに取得しましょう。ドメインは基本的に有料ですが、一度取得してしまえば、お金を払い続けている限り失うことはありません。
レジストラ業者はたくさんありますが、ドメインは長く使っていくものであることを考えると、セキュリティ面の対策をきちんと行っていて、安心できる業者を選ぶのが大切です。

閲覧者にとっての印象的なサイトとは、記事の内容のみならず載せる写真や書体の見易さ、サイト内の移動のしやすさが鍵です。それらを実現できるホームページ作成の見積もりでサイトが利益を上げる可能性が増します

© Copyright Personal Homepage. All Rights Reserved.